トップ

ビジネスをキホンから知ること

ビジネスの役立つ情報

ビジネスにおけるOJT研修

OJTという言葉を聞き慣れない人も多いでしょう。これは、オン・ザ・ジョブトレーニングの略称で、ビジネスにおける研修の一種です。新人社員に先輩社員がついて、日常業務を経験させながら、仕事を修得させる方法です。先輩のやり方や考えを身近で見て吸収出来るので成長がはやいことがメリットです。教える側についても、リーダーとしての立ち回りを考えさせることが出来ますので、もう一つのメリットと言えます。この研修のデメリットは、企業の色や考えに染まりやすいことです。ビジネスにおいて、時として自分の色を持ち続けることが重要な場合があります。先輩社員に一から教えられてしまうので、自分の良さを出す前に、企業の色に染まる場合があります。

OJT方式による研修の良い点

新入社員が仕事のやり方や、社会人としての常識を学ぶ研修は、ビジネスには欠かせません。その主流となるやり方がOJTと呼ばれるものです。これは実際に仕事に携わりながら、社会人としての見識を深めるといったものです。OJTのメリットとして、実際の経験を持つことが出来る点が挙げられます。言葉遣いや身だしなみなど、座学研修だけでは得難いビジネスパーソンとしての素養を身に着けることが出来るのは、大きなメリットです。またデメリットとしては、仕事の方法を職場の中で身に着けるため、その職場でしか通用しない誤った知識を取得してしまう危険性があります。また、初めのうちはどうしても先輩や上司と同じ処理を行ってしまうため、創意工夫する余地が少ない点もデメリットです。

↑PAGE TOP

© Copyright ビジネスをキホンから知ること. All rights reserved.